危険な芝居[コミック]です。

「すごい冒険だったわね。
私こんなの生まれて初めてよ」エレンは有能なキャリアウーマン。
結婚する気はないが、未婚が理由で昇進できずにいる。
そこで、友人の元恋人ジョシュをフィアンセに仕立て上げたのだが、イタリアで弁護士をしているはずのジョシュが面白がって会社にやってきてしまった。
恋人を演じるうちにいつしかどちらからともなく本気になっていく二人だったが……。
これは嘘。
これはお芝居……。
だけど、何故こんなにせつない? 彼は知ってるの? 彼も同じ思いを?燃える太陽の矢が胸に飛び込んだ!! キーリーには既に死別した元フットボールプレイヤーの夫との結婚生活の苦い思い出がある。
粗野で野蛮な男にうんざりしていた彼女は、知的で穏やかな大学教授のジムと婚約中だった。
そんなある日、オーナーの父親の代理として、プロフットボールチームのパーティに出席したキーリー。
そこでチームのスタープレイヤーで、スマートな雰囲気の男性、リンクと出会う。
ジムを愛しているはずなのに…キーリーはどんどんリンクに惹かれていく自分をコントロールできなくなっていく。
そして、ある朝、彼女を強引にセスナに乗せたリンクは…。
「ここにいるあいだは、何もかも忘れて、あなたとふたり」『ツァラトゥストラはかく語りき』ほど19世紀の思想に衝撃を与えた書はない。
ヨーロッパ近代の精神的危機に対する、ニーチェ思想のすべてが盛り込まれた哲学的叙事詩を、難解な語句をさけ、物語風にまとめた労作。
明治17年、群馬、長野からを含む蜂起農民約1万は秩父大宮郷を占拠、明治専制政府に叛旗をひるがえした。
この闘いは佐久への転戦後、八ヶ岳山麓に潰滅した。
蜂起の全貌を描き、歴史評価を新たな次元に引き上げた名作。
もっさりした髪型とくたびれた白衣…男子校のさえない養護教諭、宝。
だが、それは生徒の実態を知るための世を忍ぶ仮の姿。
本当はオシャレでカッコイイ隠密理事。
ある日、宝は、保健室の常連でカタブツの優等生の芙由希が、実はネットアイドルをしていることを知り、さっそく監視を始めるが……。
 イラスト:天堂まひる続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008301

Ads by Sitemix