シンバッド(3)の意味について

ジャリスとルールーの二人の助けもあり、シンバッドはラアスから“マールートの瞳”と“ハールートの涙”を奪う。
だが、二つの玉を合わせればいかなる時空ものぞけるはずが、何も見えてこなかった…。
どうやら、ハールートの水晶球は寿命らしく、マールートもその効用はあと一回のみらしい。
シンバッドは最後の望みを賭け、鍵を握ると思われる「倭の国」に向かうのだが、その途中船が難破しある島に辿り着くのだが…。
果たしてそこは「倭の国」なのか!?「ゴワゴワの直毛 一重まぶたの三白眼 低い鼻 への字に曲がったでかい口」どう見てもアラビア人らしからぬ自らの容姿に疑問を抱き、その出生を探る旅に出たシンバッド。
その前にはさまざまな障害が…。
そして、ようやく辿り着いた島国に隠された秘密とは…。
ついにシンバッドの出生の秘密が明かされる!? 少年と少女の、さまざまな愛情と夢、希望と未来への予感を、時にはかなく、時に力強く描いた読み切り作品4編「たちどまった冬景色」「ゴージャス」「迷子のティンカーベル」「翡翠の森」を収録。
ちょっとHなお話からシリアスなものまで、遊人の魅惑の世界にどっぷりとつかれる短編集。
現代の女子高生に絶望した高校教師が、変装して生徒を次々と襲うが、ついにはわが身を滅ぼしていくシリアスドラマ「スペルマン」は必読! もちろん美女もたっぷり!どんな有名女優も必ず自分の番組に出演させるディレクター・具流。
その秘密は、彼が持つ他の誰にもない特技にあった…。
そんなある日、オーディションの審査員をする彼の部屋に、応募者の女の子の一人が訪ねてきた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009234

Ads by Sitemix