日本神話の研究です。

人は己れの姿に似せて神をつくる。
神を知るには、神を生んだ人間社会の集団的祭儀の意味を知らなければならない。
東亜諸民族の神話と比較しながら、日本神話の特質を明らかにした先駆的名著の覆刻。
著者は明治期の美術批評家。
黎明期の近代洋画運動の理論的指導者として、近代美術の発展に大きく貢献した。
表題作のほか、「美術と社会」「巴里の美術学生」など代表的著作14編を収録。
金文は西周史研究のすぐれた同時代資料だが、その資料性はなお十分に吟味されていない。
著者は金文自体のもつ問題を提示しつつ、金文資料による西周史諸領域の再構成をこころみる。
姉妹篇に『甲骨文の世界』(204)。
『北越雪譜』の著者鈴木牧之の信越秋山郷探訪記は、江戸後期地方文化の生んだ民俗学的文献の傑作として、菅江真澄の紀行文と双璧をなす。
異色の自叙伝『夜職草』および『苗場山記行』を併載。
明治憲法施行の翌年、来日中のロシア皇太子刺傷事件が突発した。
この時、法をまげて極刑を加えよと強要する政府の圧力に敢然と抵抗、司法権を守った大審院長児島惟謙の反骨の記録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002680

Ads by Sitemix